2019年度 卒業生

環境共生学類 (2020年3月卒業)

森竹 祐 さん

株式会社ズコーシャ 就職

北海道の環境を考える。

大学の学びを活かせる仕事を

大学では、主に環境保全や野生動物の調査方法などを学んできました。
キャリアセンターや先生からの提案もあり、学内での環境系企業の説明会に参加しました。そこで多くの企業の方とお話をさせていただきました。その中でも、私が今まで学んできた事を活かすことができる、環境調査業務を行っている企業に就職を決めました。

より多くの人から話を聞きました

私はアルバイトなどの経験も無かったので、キャリアセンターのアドバイザーの方や先生、企業担当者の方など、できるだけたくさんの人にお話を聞きにいきました。
キャリアセンターでは、求人票の見方からESの書き方や添削、面接練習、企業情報など色々な相談に乗って支援していただきました。実際の選考でも頂いたアドバイスなどを活かすことができたと思います。
また企業の採用担当者の方としっかりお話することや、インターンシップなどで実際に企業を見てみることも大事だと思います。ネット上にある情報には良い部分しか見えないこともあります。同じ職種でも企業の雰囲気は全く違いますし、行ってみないと分からな部分も見えてくると思います。
お話を聞いて自分に合っていると感じた複数の企業にエントリーしました。環境系以外の企業にもエントリーしましたが、面接などの選考過程ではとても苦労しました。自分が持っている軸を明確にすることも重要だと思いました。

一人前になることを目標に

まず内定を頂いた企業でしっかり社会人として一人前になれるように頑張っていきたいと思います。その中で自分のやりたいことを追求していければと考えています。
自分の全ての条件に合う企業はほとんどありません。自分がやりがいを持って働くことができる企業を見つけることは思った以上に大変でした。妥協できない条件、妥協できる条件を明確にすると就職活動が上手く進み始めました。
最後まで諦めずに自分に合う企業を探してみてください!