2017年度 卒業生

循環農学類 (2018年3月卒業)

鈴木 ひかる さん

家畜改良関係団体 就職

大好きな牛と
関わることを仕事に。

実家が釧路の酪農家で、小さい頃から牛が大好きでした。高校を選ぶ時、両親が酪農を専門的に学べるようにと、とわの森三愛高等学校に送り出してくれました。それからもっと牛のことを学ぼうと酪農学園大学に進学しました。就職にあたっては牛と関わる経験をたくさん積みたいと思い、国産の種牛で繁殖や改良を推進している団体から内定をいただきました。学校の実習や牧場のアルバイトなどで牛に接し、好きなことを仕事にしたい、牛についてなら負けないという自信を持てたことが良い結果につながったと思います。笑顔と自信を大切に頑張ります。