2016年度 卒業生

獣医学類 (2017年3月卒業)

塚本 絢己 さん

公衆衛生系公的機関 就職

海外との連携で、日本の食の安全を守る

私は公衆衛生学で獣肉や動物との接触で人は様々な感染症にかかることを知り、国際的視点で食の安全の基準づくりに携わりたいと思うようになりました。
就職活動ではサークルや研究所の先輩など、実際に働いている方の話を聞き、自分が本当にやりたいことなのか、また自分が働いている姿を想像することでモチベーションを高めました。就職は志望理由とその想いを伝えることが大事です。私も一次試験の結果がひどく諦めかけたのですが、面接で自分の考えをしっかり伝えられたことで無事内定をいただきました。獣医師の立場から人々の健康を守れるように頑張ります。