2019年度 卒業生

獣医保健看護学類 (2020年3月卒業)

永野 知美 さん

函館税関 就職

子供の頃からの夢を叶える

私にぴったりな仕事を目指して

幼い頃から犬の訓練士になることが夢でした。とにかく犬について専門的に勉強をしたく、専門学校なども考えましたが就職などを考慮して酪農学園大学に進学することを決めました。
どの分野の訓練士になるか悩んでいた大学1年生の時に、麻薬探知犬の訓練士が税関職員ということを知りました。英語も大好きで、転勤もあり様々な場所で働きたいと思っていた私には「この仕事しかない!」と思い、この職業を目指しました。
麻薬探知犬の訓練センターが千葉にあり、いつかはそこで働きたいと思っています。

早い時期から目標に向かって進みました

1年生の冬に麻薬探知犬の仕事を知ったので、2年生から情報収集や学内の公務員講座を受講するなど、少しずつ準備を進めていきました。
3年生では専門科目について独学で勉強を始め、その時にキャリアセンターを利用して、自分に合う参考書や試験の資料などを探したりしました。選考が始まり、筆記試験を通過した後は面接の練習などのサポートをしていただきました。ちょうど面接の選考が重なった時期だったこともあり、週に2、3回これ以上無いくらい練習させてもらいました。

不安でも絶対に諦めない!

早い段階で目標を見つけ、それに向かってしっかりと準備していくことが重要だと思います。私も訓練士を目指し、努力をしてきましたが、多くの時間とお金をかけていたので、途中で「本当に合格できるだろうか」と不安になることもありました。しかし、合格という結果をもらい、周りと比べることなく最後まで諦めずに続けることの大切さを感じました。
これからも麻薬探知犬の訓練士になれるよう努力し、少しでも社会に貢献できればと思います。
高い目標だとしても、途中で投げ出さずに少しずつ進んでいけば大丈夫です!頑張ってください!